daletman

マルク・ダルマゾ:「トゥールーズは本気だった」

 

二人のコーチ、マルク・ダルマゾ(スクラム)と、マニ・エドモンズ (バックス)、が対トゥールーズ戦あとの会見に応じました。

 

マルク・ダルマゾ:

「この勝利は次のそれのためによいことだった。

4ポイントとった、もし勝てなかったらそのあと、2度も遠征だからややこしくなる。

短所の克服に努力しないとね。総合してみて、うちはいい試合したとは思わない。

でもトゥールーズは本気だったんだ、ともかく何が何でも試合に勝ったのはよかった。」

 

 

マニ・エドモンド:

「いいことが あまりなかったのにそれでも勝った。それが、このチームが本当に強いことを示しているのだと思う。

この試合、我々のコントロール、防御、攻勢、不備はいろいろある、でもどうあれこのグループはこの勝利を導く何かがある。

どの試合でもイエローカードで20分間14人でプレイすることを認めることができない。

それを正さないとね。いまモンペリエがまってる、明日から、この敵に集中しよう。」

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone