galtactu

ファビアン・ガルチェ:「ばっちりだ」

トゥーロンのマネージャーはマヨールで1月27日、UBBに対する攻撃的ボーナスで36ー12で勝った後、記者会見に臨みました。

彼はこの結果、プレーの内容、選手の行動に満足しています。
ファビアン、君がこの結果に満足していると想像しているよ。

チームはこのところ順調に進んでいるようだね

 

 

「進歩してるのかは分からんが、15人と15人での試合ならばこそ満足できると思うよ。

 

スピード、スイッチ、一貫性があった。

それから50分から14人になってから引き分けの状態だった。

そこでは、効果的な管理と防衛だけだったよ。

14人の不備を補うために指導をした。

でも5ポイントを取った、よかったね。

 

すべてが一貫していた。 赤いカードがでてもだ。

スカーレッツとの試合があったからだ。 おかげでのってきたよ。」

 
ハーフタイムでの指示は何だった?

 

 

「風を背にしてボーナスポイントを守ることだ。 だから自分自身をあまり露出しないこと。

ボールを離さないことだ。 こっちはディフェンダーが1人少ないものな。

 

最後にトライされることがいまわしかった。  

まあいい。 シーズンの初めから、我々は試合を諦めなかった。

 

私たちがコントロールしていない不安定さのために、やっかいなゲームがある。

順位では6ポイントも欠けている。

結果だけでなくコンテンツも見なくてはいけない。」

 

 

 チームはコンテンツに関してもうあと一歩だと感じてる?

 

「すでにいいところに来てる。 選手たちはマンネリから抜け出したがってると感じた。

 

我々はヨーロッパカップ準々決勝進出を得て、内容については、ここまで来たのは初めてではない。

しかし、しばしばいくつかの試合に危ない心もとなさがあった。

 

しかし、それはまたやる気の源だよ!」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedInEmail this to someone