Author: Admin RCT

トップ14、セクシオン・パロワーズに勝利

11月30日、トップ14の10日目、対ポー、 セクシオン・パロワーズ遠征に9-19で勝利しました。   チャレンジカップにおける2度の勝利のあと、トップ14の舞台に戻りました。   トゥーロンはこの試合のはじめ、エラーを繰り返し、アントワーヌ・ハストイは12分と16分、2度のペナルティに成功し、6-0とします。     しかしトゥーロンは反撃に出、バプティスト・セリンとルイ・カルボネルが敵を圧迫します。   こうしてポー側はエラーを繰り返します。アンソニー・ベローが21分、31分、さらに34分と3度のペナルティでトゥーロンは9点得点します。   前半終了の2分前、カルボネルからパスされたベローが突進し、セルジオ・パリセが 38分、新しいユニフォームでの初のトライに成功します。6-16で前半終了となります。   後半トゥーロンは雨がふる中でエラーも少なく、元気でしたが、あまり得点につなげることができませんでした。   47分のアントワーヌ・ハストイと52分のアンソニー・ベローによるふたつのペナルティのみがこの後半の主たる展開でした。   10回の対戦のあと、トゥーロンはトップ14の高ランクに位置をしめました。   次は12月7日、マイヨールにてチャレンジカップ、ロンドン・アイリッシュの迎撃となります。

トゥーロン、チャレンジカップでスカーレッツに勝利

11月22日、ヨーロピアンチャレンジカップの2日目、マイヨールにて、スカーレッツに対し、17-16にて勝利しました。   先週のバイヨンヌに対しての勝利に続いてトゥーロンは意気があがります。   最初の10分、トゥーロンは優勢に試合を展開させます。   バプティスト・セリンはダニエル・イペファンにたくし、彼は大きく前進、そのあとルイ・カルボネルからパスをうけてジェルヴェ・コルダンが9分、この試合初のトライに成功します。7-0となります。   ジェルヴェのトライの数分あと、トゥーロンは躍動しますが、しかし、アンソニー・ベローがパスを妨害され、マクニコルにトライをとられてしまいます。7-7となります。   30分、ジュアンドル・クルーガーが危険なタックルをしてしまいます。アンソニー・ベローがこのペナルティーに成功し、10-7とします。   休憩の直前、マムカ・ゴルゴゼはラツヴァの危険な行為の犠牲になりました。   ここでレッドカードが出ました。   トゥーロンは決定的リードをとることができません。数の劣勢にもかかわらず、スカーレッツは健闘します。   46分、トゥーロンはエラーをおかし、ライアン・ラムがペナルティに成功、10-10となります。   トゥーロンはエラーを続け、スカーレッツ側はペナルティと2分後にドロップで得点し、10-16と引き離されます。   80分、リアム・メッサムのトライとアンソニー・ベローのコンバージョンにて結局17-16で試合が終了します。   トゥーロンはチャレンジカップに再び勝利、プールのトップになったのです。   次回の試合は11月30日、トップ14に戻り、ポー遠征となります。

対モンペリエ戦引き分け

11月9日、トップ14の9日目、マイヨールにてのトゥーロン対モンペリエ戦は19-19の引き分けとなりました。   トゥーロンはこの試合のはじめ快調でしたが、しかし間違いをいくつか犯しました。   スワン・レバッジがペナルテイをとられます。   7分、インメルマンがこのペナルテイで得点に成功し、0-3となります。   はじめの25分は両チームともボールを占められませんでした。   ダクワカががんばり、モンペリエはエラーを繰り返します。   27分、アンソニー・ベローがペナルテイに成功し、3-3とします。   そのあとレバッジがボールをとり、ウエッブがウゴンデブにエラーをおこさせます。   31分、アンソニー・ベローがこのペナルテイで得点、6-3となります。   モンペリエはアルチュール・ヴァンソンが攻勢に出、33分、ダクワカが前方パスでイエローカードをもらいます。   34分、アーロン・クルーデンがペナルテイに成功し、6-6とします。 休憩の少し前、もとトゥーロン選手だったチラシャヴァがイエローカードをもらい、40分、アンソニー・ベローがこのペナルテイに成功し、9-6として前半を終了しました。   後半、モンペリエは前半と同じリズムでいこうとしますが、ウゴンデブのトライにさいし、前方へのパスがあったと疑われてビデオ判定がなされました。   結果、このトライは認められませんでした。   57分、リース・ウエッブが初めてのトライをします。16-6。   そのあと、シュルーダーがペナルテイをとられ、60分、クルーデンがこのペナルテイで得点に成功し、16-9と差を縮めます。   数分あと、モンペリエは攻勢をつづけ、アルチュール・ヴァンソンが突進、63分、アンソニー・ブティェーがトライします。16-16です。   試合終了の10分前、クルーデンがペナルテイに成功し16-19となります。   シャルル・オリヴォンによるトゥーロンの攻勢のあと、ヤコーバ・カマラにペナルテイが出、76分、アンソニー・ベローがこのペナルテイに成功して19-19となります。   そのあと両チームとも試合を決定する展開をなすことはできませんでした。   結局引き分けのこの試合により、トゥーロンはモンペリエよりは優位にとどまります。   次の試合は11月22日、マイヨールにてスカーレッツの迎え撃ちとなります。

アンソニー・エトリラード、ダニエル・イペファン契約更新

アンソニー・エトリラードとダニエル・イペファンがRCトゥーロンとの契約を延長しました。   2015年にトゥーロンに来たアンソニー・エトリラードはトゥーロンのユニフォームをつけて多くの活躍をなしてきました。 彼は2024年まで、4年にわたり契約を更新いたしました。 一方でダニエル・イペファンは、2017年オヨナから到着し、2017-18年度9つのトライを記録しました。 #RCT19_23プロジェクトに賛同する彼は3年間の契約を延長しました。   アンソニー・エトリラード フッカー、 26歳、1m80、110kg、 前所属チームはバイヨンヌ(2012-2015)、 2015年からRCトゥーロンにて102試合出場、 トライ2     ダニエル・イペファン、 ウイング、フルバック、 26歳、1m85、92kg、 前所属チームはオヨナ(2015-2017)、 2017年からRCトゥーロンにて29試合出場、 トライ9

トゥーロン、スタッド・フランセに敗北

RCトゥーロンは10月13日、トップ14の7日目、スタッド・フランセに33ー30で破れました。 試合の初め、アンソニー・ベローとモルネ・ステインがそれぞれ3つのペナルティーで得点します。9ー9。 レスター・エチエンがボールをうまくつかみ、ダニエル・イペファンを払いのけます。 そうして28分のセク・マカローのトライへとつなげます。16ー9。 そのあと、またパリはボールをとりますが、ベローの手中になり、マチュー・スマイリにわたり、つぎにジュリアン・サヴェアが受け取ります。 サヴェアは次々と襲い来るタックルをはねのけ、ボールはまたスマイリにわたり、36分、トゥーロン初のトライがなされます。16ー16。 ベローが45メートルからのペナルティーを試みましたがうまくいきません。 こうして同点で前半は終了しました。 前半のはじめ、パリは攻勢にのりだしますが、サヴェアが敵のパスを妨害、独走してトライします。16ー23。 その後、パリはボールをとります。ルカ・ダ・シルヴァが突進し、そして47分、セク・マカローがトライです。 こうしてパリは同点においつきます。23ー23。 トゥーロンはリース・ウエッブがディフェンスの隙をみつけます。 ペナルティーの機会にボールはリース・ウエッブからラファエル・ラカフィアに渡り、トゥーロンの3度目のトライがなされます。26ー30。 そのあとボールはパリのものとなります。 セク・マカローがキーラン・ハムダウイにパス、彼はトゥーロンをけちらして、73分、この試合に決定的となるトライをなします。33ー30。 こうしてスタッド・フランセはトゥーロンに勝利しました。 この接戦でトゥーロンもボーナスポイントを獲得しました。 次の試合は10月19日、マイヨールにて、アビロン・バイヨンヌの迎え撃ちとなります。

10月6日、トゥーロンは今シーズン3度目となるマイヨールにての対ラ・ロシェル戦に23ー3で勝利しました。

先週のブリーヴ戦の敗北の雪辱をはたし、ファンの期待に答えなければなりません。 トゥーロンはこの試合、やる気十分、5分でアンソニー・ベローのペナルティで初の得点をなしました。3ー0。 ラ・ロシェルはトゥーロンの陣内で暴れます。ダクワカはエラーをします。 14分、イハイア・ウエストはラ・ロシェルはじめてのペナルティをとりました。3ー3。 試合のはじめにボールを独占し圧倒しようとする敵のまえに、ディフェンスを固めるのですが、トゥーロンはまたエラーをおこしました。 22分、ビデオ判定により、審判はタオフィフェニュアにイエローカードをわたします。 ところがウエストは30メートルからのキックに失敗します。 闘いがラ・ロシェルの陣地で展開したあと、ダニー・プリソがエラーをしてしまいます。 36分、こうしてアンソニー・ベローはペナルティをとりました。6ー3。 前半ラ・ロシェルはふるわず、トゥーロンはこうして優勢のうちに後半に入ります。 44分、アンソニー・ベローが40メートルからのペナルティ9ー3となります。 後半はじめ、双方ともみるべき展開がありませんでしたが、54分、ダニエル・イペファンから受け継ぐファクンド・イザのトライで16ー3となります。 79分、トゥーロンは敵陣のなかで押しを続け、ジュリアン・サヴェアが2度目のトライに成功です。 23ー3となります。 こうしてトゥーロンは23ー3で勝利を得ました。  この試合、トゥーロンのフォワードの優勢とディフェンスの堅固さがものをいいました。 次は10月13日、スタッド・フランセとの遠征試合となります。

CAブリーヴ戦に32ー12で敗退

RCトゥーロンは9月28日、トップ14の5日目、対CAブリーヴ遠征に32ー12で敗退しました。 トゥーロンは試合開始早々、敵にボールをうばわれます。 1分、フィジーのカミカミカがもう初のトライをなしました。(7ー0)。 13分、トーマ・ラロンジェイラによるペナルティーのあと、トゥーロンがボールを占めます。 しかし、14分、結局フランク・ロマネのトライを許してしまいました。 こうして15分でブリーヴの17点リードとなります。 トゥーロンの誇りがよびさまされ、18分、クリストファー・トロフュアをして、トライに成功させます。 17ー7となります。 しかしトゥーロンは誤りを多くだしました。 34分、ラロンジェイラがペナルティーにて得点します。20ー7。 休憩直前、アンソニー・べローはみごとなパスをしましたが、ダニエル・イペファンはそれをとりそこないました。 休憩のあと、トゥーロンは5メートルでのすばらしいパスのプレイをみせました。 44分、イペファンがこうしてトライに成功します。 こうして6点差になりました。20ー14。 このトライのあと、ブリーヴ側はボールを占め、トゥーロンは自陣のなかで間違いを繰り返します。 20分の間に、審判が3つものペナルティーを宣告、トーマ・ラロンジェイラはブリーヴのために9点をとりました。29ー14。 トゥーロンもペナルティーのチャンスを得ます。 67分、カルボネルが25メートルからのキックに成功します。29ー17。 試合終了の5分まえ、ブリーヴはまたも攻勢にでます。 76分、トンプソン・ストリンガーがトライします。 ブリーヴはこうして勝利を確実にしました。 39ー17、そのうち24点はトーマ・ラロンジェイラの得点です。 ブリーヴはクレルモンに勝利したあと、またも本拠地で勝利しました。 トゥーロンはこの試合に勝つにはあまりにも規律がなっていませんでした。 次の試合は10月6日、マイヨールにてラ・ロシェルの迎え撃ちとなります。

対ラシン92戦に32ー29で勝利

9月15日、RCトゥーロンは、マイヨールにての今シーズン2度目となる対ラシン92戦に32ー29で勝利しました。 RCトゥーロンは、先週マイヨールにての今シーズン初の試合であった対リヨン戦にての敗北の雪辱を果たさねばなりません。 この試合トゥーロンは好調にすべりだします。 10分でダニエル・イペファン、ファクンド・イザそしてジュリアン・ヘリトーにわたり、彼はこのシーズン3度目、マイヨールでは初のトライをなしました。 こうして7-0となります。 14分、ラシンの反撃が始まります。 ファン・イムフォフはダシャーリーのパスをさえぎり、トライします。 7ー7となります。 29分、こんどはダニエル・イペファンがイダルゴクラインからイムホフへのパスを妨害し、トライに成功します。 17ー7。 休憩のすぐまえ、アンソニー・ベローは2度のペナルテイーに成功します。 23-10となって休憩にはいります。 後半にはいり、イぺファンはゼボをやっつけます。 しかし、オンリ・シャヴァンシーはトゥーロンのトライを妨げます。 ビデオ判定の結果トライは認められませんでした。 そのあと45分、アンソニー・ベローはペナルテイーに成功。26-10となります。 51分、アンソニー・ベローがまたもペナルテイーに成功して、19点ものリードとなします。 53分、ラシンは反撃に出ます。  テッディー・イリバレンからルイ・ドゥピショにわたり、ラシンの2度目のトライに成功します。 29ー15となります。 61分、アンソニー・ベローはまたペナルテイーで得点します。32-15となります。 最後の20分、トゥーロンにはとてもややこしくなりました。 敵の攻撃が激しく、70分と75分、ヨアン・トンガが2度のトライに成功します。32ー29となります。 こうしてトゥーロンは結局32-29で最後までしつこかったラシンに勝利します。 つぎの試合は9月28日対ブリーヴ戦となります。 そして、10月6日にはマイヨールにてラ・ロシェルを迎え撃ちます。

トゥーロン、マイヨールにて、対リヨン戦に敗北

RCトゥーロンは、9月7日、マイヨールにての今シーズン初の試合、対リヨン戦に6ー20にて敗北しました。   RCトゥーロンは本拠地にていいところを見せなければなりません。   最初の20分、双方ともややこしい展開をみせました。   この間、トゥーロンは2人の選手が退場しました。   リース・ウエッブは足に負傷し、ルイ・カルボネルは脳震盪でした。   試合開始から30分でようやく動きがありました。     マムカ・ゴルゴゼがラインアウトでしくじり、ジャンマルク・ドゥサンがこのペナルティーでリヨンに3点をもたらします。(0ー3)   トゥーロンは反撃にでます。休憩のすこしまえに、ペナルティーでアンソニー・ベローが3点をかえし同点とします。(3ー3)   休憩のあと、トゥーロンはまたもベローのペナルティーで試合をリードします。 (6ー3)   54分、ペナルティーラインアウトでクレタンはボールをとり、すばやくクレモン・リックにわたり、はじめてのトライがなされました。(6ー10)     トゥーロンは22メートルで長い間ボールを保っていましたが、リヨンの鉄壁の防衛のまえに落としてしまいます。   ピエール=ルイ・バラッシ、20才以下の世界チャンピオン、がボールを占めて長い距離を突っ走り、ビデオ判定があったものの、この試合2度目のトライに成功します。(6ー20)     トゥーロンは試合の最後の10分間、ファクンド・イザ、ロマン・タオフィフェニュアが奮闘しましたが、がよい結果はでませんした。   この試合、トゥーロンは勝利をリヨンに奪われてしまいました。   本拠地での初試合での敗北は大変悔しいものです。   次の試合は9月15日、再びマイヨールにて、ラシン92の迎撃となります。